山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


吉祥院観音堂および宮殿

吉祥院観音堂
 吉祥院は奈良時代の天平年間、国内に悪疫が流行し萬民ひとしく苦悩した時、聖武天皇の勅命によって僧行基が来国し、この寺を創建祈願して、その悪疫を祓除したという寺伝をもっている。
 その本尊は行基の作と伝えられる千手観音菩薩で、昭和25年に重要文化財に指定されたものである。
 観音堂は木造方3間の建物で、宝形造、円柱で4周に切目縁を廻す。屋根は茅葺であったが、昭和46年の大改修で銅板葺に替えられた。側廻りは足固貫、飛貫、切目長押で固め、柱上に舟肘木をのせ桁を受け、軒はせがい造とする。正面中央・両脇面柱間は、双折桟唐戸、側面前寄1間を桟唐戸引違、背面の右寄も桟唐戸引違とし、他の6間を横板とする建築である。

吉祥院観音堂宮殿
 観音堂の本尊を安置する厨子とも言うべき宮殿建築で、桁行5尺8寸、梁間3尺7寸5分、屋根は入母屋造柿葺で、軸部は基壇上、円柱に切目長押・飛貫・頭貫・台輪で固め、台輪上、4隅に出三斗を組んで丸桁を受ける。中備に間斗束を配し、軒は1軒本繁垂木とする。各面柱間のうち正面中央は板扉、扉の両脇に方立を立てて堅板壁、側面、背面は横板壁とする。妻は破風板に梅鉢懸魚で飾る。
 宮殿建築については詳らかではないが、頭貫木鼻や間斗束の撥形、破風飾りの梅鉢懸魚の形などから、一部改変の部分がみられるものの、江戸前期頃の建物とみられ、この時代の建築技法を知る上に重要である。

≪山形市教育委員会発行『山形市の文化財』より≫

場所山形市大字千手堂509
電話吉祥院 023-684-8026
その他名称/吉祥院観音堂および宮殿(きっしょういんかんのんどうおよびくうでん)
指定名/市指定有形文化財
指定年月日/昭和43年12月27日
所在地/山形市大字千手堂509-1
所有者/吉祥院
山形市教育委員会文化財保護係 023-641-1212