山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


六椹八幡宮例大祭 (御神輿渡御)

六椹八幡宮は、天平年間(729〜749)陸奥国鎮守府将軍大野東人の創建といわれている。
また、康平年間(1058〜1064)鎮守将軍源頼義、義家父子が陸奥の国を平定するために、軍をこの地に進めたとき、六椹の知名を聞き「陸奥の苦を抜く」に通じるとして戦勝を祈願し、平定後の康平6年(1063)神恩報謝に社殿を造営、黒地金泥日章旗を奉納したとも伝えられている。
その後、斯波兼頼、最上義光によって造営、修復され、最上家改易後の寛永7年(1630)に山形城鳥居忠恒が社殿を造営し、現在に至っている。
この例大祭は、9月15日を中心に前夜祭、本祭、後祭を実施、こども樽みこし、奉納弓道大会などの行事が行われる。

場所山形市鉄砲町1-3-5
電話六椹八幡宮 023-623-5647
その他例年9月15日
神事・奉納弓道大会・御神輿