山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


六椹八幡宮

 市北の両所宮と共に、南の六椹八幡として、古来から山形城主や民衆の信仰を集めてきた神社である。
 社殿によると、大野東人が八幡宮を勧請したとあるが、信ずることはできない。前九年の役に、源頼義がこの地に駐屯し、里人にその地名を聞いたところ、「椹の古樹が六本あるので、古来より六椹と称した」と聞き、頼義は、「六椹は、陸奥苦抜きに相通ず。これ賊をせん滅する前兆なり」と大いに喜び、戦乱後の康平六年(1063)、社殿を建立したと伝えている。さらに延文元年(1356)、斯波兼頼が山形に府を開き、同社を鎮護の神として社殿を再建したという。その後代々の山形城主も祈願所として祟敬したと伝えている。
 その後社殿は、寛永8年(1631)に、山形城主鳥居忠恒が建立したと伝えているが、拝殿は宝永3年(1707)の再建であることが、棟礼によって知られる。
 なお、この神社は、柏倉八幡神社から分祀されたとの説もある。

場所山形市鉄砲町1-3-5
電話023-623-5647