山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


御釜(火口湖)

蔵王連峰にあるの爆裂火口の一つ。
日に何度も色を変えることから五色沼とも呼ばれ、1182年(寿永元年)の噴火で火口ができ、1820年(文政3年)の鳴動で水が溜まり始めたといわれる。

場所宮城県刈田郡蔵王町付近
交通車の場合は蔵王エコーラインを利用

【山形県側からは】
バス1:山形駅〜蔵王刈田山頂(お釜)行き利用で1時間40分程度、下車後徒歩
 (土・日・祝日のみ運行※冬期間運休)
バス2:上山市内〜刈田駐車場行きグリーンエコー号利用で1時間10分程度、下車後リフト又は徒歩
 (※冬期間運休)