山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


霞城公園(山形城跡)

 山形城は、最上氏の祖斯波兼頼が、延文2年(1357)に築城したと伝えられている。兼頼の子孫は、その後最上氏を称して、代々居城した。最上氏11代当主義光の代に、関ヶ原合戦の戦功により、57万石の大々名となり、実質100万石の城下町として山形は繁栄した。
 しかし、義光の孫・家信(義俊)の代に、家中不取締りの罪により、最上氏は改易され、その跡に鳥居忠政(24万石)が入部したが、忠政は山形城の本丸・二ノ丸を改築したので、現在の二ノ丸跡は、鳥居氏時代の遺構といってよい。
 鳥居氏の以後、城主は11氏(幕領2回)が頻繁に交替し、最後の城主水野氏は、僅か5万石で明治維新を迎えた。
 現在は、二ノ丸塁濠を残すのみであるが、戦後の昭和24年に、霞城公園として一般に開放された。また昭和61年5月に、本丸及び二ノ丸跡(霞城公園)と三ノ丸跡の一部が、国の史跡に指定されている。
 二ノ丸東大手門は、市制100周年記念事業の一つとして昭和62年に着工し、約6年の歳月を費やし、平成3年3月、史実によって木造建築で復原され、名所の一つとなっている。

場所山形市霞城町1-1
電話山形市公園緑地課 023-641-1212
交通JR山形駅から徒歩10分程度
時間4月〜11月/5:00〜22:00
12月〜3月/5:30〜22:00
定休無休
その他霞城公園(国指定史跡)
霞城の桜(天然記念物)
日本百名城(公益財団法人日本城郭協会・平成18年4月6日認定)
日本の歴史公園100選(都市公園法施行50周年等記念事業実行委員会・平成18年10月27日認定)
駐車場の有無あり
駐車場230台(2014.9現在)
※その他周辺に有料駐車場有
※自動車は「霞城公園北門」からのみ進入可