山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


平清水焼

 平安時代に慈覚大師が千歳山の土を使って焼きを教えたと伝えられる平清水焼。本格的な成立したのは、江戸時代中期頃ともいわれるが、その素朴な風合いが人気。千歳山の原土を用い、千歳山の麓の“陶芸の里 ”にあり千歳焼とも呼ばれる。原土に含まれる鉄分のにじみ出た梨青磁の青龍窯、うすぐもりの味を出した辰砂釉、そして民芸陶器の七右ェ門窯とさまざまな創意工夫をこらしている。

場所山形市平清水
電話平清水焼協同組合
TEL 023-642-7777
その他【お問合せ】
七右衛門窯
TEL:023-642-7777
山形市平清水153

青龍窯
TEL:023-631-2828
山形市平清水50