山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


ふうき豆

明治時代の末のこと、当時床屋を生業としていた現在の冨貴豆の専門店「まめや」の初代は、手作りお菓子が趣味でした。そのレパートリーの一つにあったのが、この「冨貴豆」です。もちろん当時は名前がついていません。これがなかなかの評判で、気を良くした初代は、本業の床屋をやめ、現在の「まめや」を創業することとなったそうです。
「冨貴(ふうき)豆」という名前の謂れですが、製造過程で豆(エンドウマメ)を蒸かす、ふく、ことから【ふき豆】というのが本来の意味といわれています。それに縁起が良いという理由で充てたのが【冨】と【貴】だったのです。それが、いつの頃からか人々に「ふうき豆」と呼ばれるようになり、現在の商品名になったようです。

その他発売元・製造元
でん六、長榮堂、山田家、まめや ほか