山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


おみ漬け(おみづけ)

「おみ漬け(おみづけ)」は、江戸時代頃に近江商人が、青菜、大根葉、かぶの葉を細かく刻んで、合わせて塩漬けにしたのが始まりとされ、「近江漬(おうみづけ)」がなまって「おみ漬け(おみづけ)」となったといわれます。
暖かいご飯と共に、茶受けとして、また、納豆を混ぜ合わせた「おみ漬け納豆」にと、山形ならではの絶品漬物。