山形観光情報専門サイト WEB山形十二花月


入定窟

開山堂と納経堂の後方にある洞窟で百丈岩の絶壁上になっている。洞口540cm、高さ720cmで、その中に慈覚大師の遺骨を金棺に納めて安置してあるといわれているが、危険な場所にあるで立入りは禁止されています。