いろいろリポートの記事一覧

ジュニア・インターンシップで観光案内。

山形県立山形工業高校2年生の2人が、

当協会に「ジュニア・インターンシップ(7.3-7.5)」で職場体験。

今年は山形駅改札前に「臨時観光案内所」を開設し、

「おもてなしの心」をテーマに観光案内を初体験。

最初は戸惑いと緊張でぎこちないところもあったが、

霞城まちなみ案内人のサポートもあり、

直ぐに順応して立派な観光案内人。

 

これからも山形のPRをよろしくね。

2013.07.04N0868.JPG

2013.07.04N0878.JPG

伊東温泉花笠踊り、今年は10月4日。

もう恒例になっている「伊東温泉花笠踊り」。

今年も花笠舞踊団が伊東温泉で魅せます!

 

ということで、

そのPRで伊東市観光課の小澤さんと杉山さんが昨年に引き続き来所。

今年は みなさん。

伊東温泉で花笠パレードに参加してみては。

参加団体も募集中。

詳しくは こちら。

DSCN0859.JPG

今年もよろしくお願いします。

毎年ブログに書いていたのを忘れてました。

虹コレ~2012~

2461yamabiraki (3).JPG

2461yamabiraki (2).JPG

2492niji (2).JPG

2492niji (3).JPG

241011niji (2).JPG

2492niji.JPG

2461yamabiraki.JPG

4月12日 宮城県石巻市 釜小学校に。

震災後、さまざまな活動をされている蔵王温泉関係者からお誘いをいただき、被災地支援に同行させていただきました。
この日は、蔵王温泉関係26名で出発、約2時間30分で石巻へ。
到着すると、まず、石巻専修大学に設置されているボランティアセンターへ行き、行き先を支持してもらう。
指示された場所は、避難所になっている「釜小学校」でした。
この日の作業内容は、体育館の片づけ清掃。
教室が非難場所になっていて、新学期を始めるにあたり非難場所を教室から体育館に移すためでした。

H23.4 (10).JPG学校の校門のところ。水は校門の高さより上まで来たようです。
H23.4 (6).JPG H23.4 (3).JPG H23.4 (9).JPG H23.4 (8).JPG H23.4 (4).JPG H23.4 (7).JPGhttp://zaoryugansai.com/tasukeai/
↑↑↑活動報告などが載ってますので、ご覧ください。

防災ヘリ「もがみ」飛来!

霞城セントラルの防災訓練で飛来した「もがみ」。

日頃、遭難などでもお世話になっているので、

本日はその勇姿を特別PHOTOリポート!

IMG_9357.JPG IMG_9322.JPG

IMG_9312.JPGのサムネール画像

IMG_9359.JPG

IMG_9356.JPG

IMG_9335.JPG

IMG_9344.JPG

霞城セントラル・防災訓練で、備えあれば・・・。

IMG_9289.JPG

IMG_9352.JPG

昨年に引き続き2回目の防災訓練。

今回は震度6の地震を想定。

避難訓練をはじめ、放水訓練、防災ヘリ「もがみ」による救助訓練など大規模なもの。

お客様の安全を守るため、皆さんしっかり訓練。

「たいき君」を探せ!

IMG_9271.JPG

この物体。

平成4年に開催された「国民体育大会」山形大会のマスコットの「たいき君」。

蔵王の樹氷をモチーフにした、

今もなお人気があるレトロキャラクター。

 

ある企画で当時使われていた着ぐるみを探していたところ、

山形市総合スポーツセンターで3メートルもあろうりっぱな「たいき君」を発見。

(今更かもしれないが)

平成4年当時、山形にいなかった私にとってはちょっと新鮮。

是非、何かに再登場させたい。

 

なお、着ぐるみは現在も調査中。

「雨男」と「雨女」。

今日の山形新聞夕刊に面白い記事があった。

「雨男」と「雨女」。

気象情報会社「ウェザーニューズ」が、都道府県別「自称雨男・雨女」を調べたところ、

日本人の3人に1人(32.9%)は、自分が「男・雨女」であると思っているとのこと。

そして、その中で山形県は21.4%で全国1位。

自称「雨男・雨女」の最も少ない県となった(嬉しいのか?また意外な全国1位が・・・)。

 

この仕事をしていると、天気の話が良くでる。

中でも「雨男・雨女」の話しはかなり盛り上がる。

確かに私の周りも自称「雨男・雨女」は少ない。

(というか、「晴れ男・晴れ女」が多い。)

もちろん、言われればあまり気持ちの良いものではないし、

イベントをやっていれば肩身も狭い。

できれば当事者にはなりたくない。

願望も込めて、そう思い込んでいるののかもしれない。

 

なぜ山形県が少ないのかは置いといて、本当に「雨男・雨女」はいるのか。

 

昔、1年間仕事を一緒にした降雨率80%の女性がいた。

冬の蔵王では、ほぼ吹雪。

仙台に行った時も12月の猛吹雪(これには驚いた)。

また、降雨率60%を超える男性も何人かいた。

 

「雨男・雨女」はいる、と私は思う。

ただ、それは一生「雨男・雨女」なのではなく、長期的、短期的はあるが、厄年のように、現在NHKで放送されている「ゲゲゲの女房」に出ている"貧乏神"のように(例えが下手で)、ある一定の期間、その周期に入り込み、雨とお友達になってしまうことがあるのだと思う(当然科学的根拠は何もない)。

現に一生「雨男・雨女」は見たことがない。

 

言いたいのは、いつ、その周期に迷う込むか分からないので、「私は雨男・雨女でない!」とか「私は晴れ男・晴れ女」と言葉に出さないほうがよいということ(言霊の力もあるし)。

どちらも人に迷惑をかけないどうでもいいことだが、結構落ち込むので気をつけて。

 

こう思うのも、昨日のイベントでのスコールに降られ、昨夜は犬の散歩に出た途端スコール的豪雨に襲われ、日頃から言っている私の「晴れ男」の自身が、もろくも崩れかけているから。

新聞記事から思う、単なる自分への戒め。

山形商業高校・産業調査部 がんばってます!!

昨日から降り続いてた雨も上がり、残されたのはどんよりとした雲空。

でも過ごすには最高。

 

さて、今日は事務所に珍しいお客様。

山形商業高校の産業調査部7名の部員(1人お休み)と伊藤先生が来所。

今年から活動をはじめ、只今勉強中とのこと。

観光の現状、課題から蔵、食べ物まで、楽しくお話しを。

何より高校生に観光について興味を持ってもらえることは、大変ありがたいこと。

今後の活躍に大いに期待!

皆さんも応援してね!

DSC_2190.JPG

燃え上がれ~

5月3日 午後
イオン山形南ショッピングセンターにて・・・
ガンダム.JPG

 

ガンダム (2).JPG

すみません、いつまで展示されているのか、確認しておりませんm(__)m

塩釜の高校生が作ったとかかいてあったような・・・記憶が・・・