美味リポートの記事一覧

160年間の眠りから覚めた「幻の山形天保そば」試食会 


多くの蕎麦好きをうならせる「幻の山形天保そば」。
明日から山形市内の11店の食べられる。


2015.06.02_7051.jpeg2015.06.02_7064.jpeg
平成26年で成育が完了した茶系種2種

2015.06.02_7069.jpeg
2015.06.02_7072.jpeg
平成6年から系統分離した黒系種の一部

2015.06.02_7067.jpeg

霞城観桜会「山めん寒ざらしそば献上式」

2015.04.18_7441.jpeg
2015.04.18_7444.jpeg
2015.04.18_7446.jpeg
2015.04.18_7448.jpeg
2015.04.18_7450.jpeg
2015.04.18_7456.jpeg
2015.04.18_7460.jpeg

「山めん寒ざらしそば試食会」で春の蕎麦。

春の味覚として定着した「山めん寒ざらしそば」。
蕎麦碾處 石臼館」で開催された試食会で、
一足早く関係者に振舞われた。

寒水に浸すことであくが抜け、
甘みがある洗練されたお蕎麦。
明日から市内およそ40店舗で食べることができる。

4.18(土)の霞城観桜会「山めん寒ざらしそば献上式」と「賞味会」が行われる。
笹盆ざる1枚 600円。
是非、ご賞味を。

2015.04.14_6273.jpeg
2015.04.14_6298.jpeg
2015.04.14_6281.jpeg
2015.04.14_6319.jpeg
2015.04.14_6338.jpeg

「山めん寒ざらしそば試食会」で春の味。

恒例の
山形麺類食堂協同組合主催「山めん寒ざらしそば試食会」が
蕎麦碾處 石臼館 で開催。

「寒ざらしそば」は大寒から立春まで宝沢不動沢の寒水に浸けられ、
その後啓蟄まで寒風に晒す。
アクが抜けてさっぱり、
でんぷん質が落ちて甘みがあるのが特徴。

元々、山形城主 保科正之公が山形に転封したきた時に(高遠から)伝わり、
30年前に山形で復活したもの。

今や山形の春の風物詩の一つ。

明日から山形市内の40店舗ほどの蕎麦処で食べられる。
限定品なのでお早めに。

4.26には「霞城観桜会」でも食べられる!

2014.04.15_7267.JPG
2014.04.15_7271.JPG2014.04.15_7278.JPG2014.04.15_7308.JPG

蕎麦王国・山形の春の風物詩

大寒の冷水と寒風に晒さし、

大事に仕込まれた「山めん寒ざらしそば」。

一足先に石臼館で試食会。

 

今年は戸沢村角川地区産「最上早生」を使用。 

先冬は寒さも厳しく、

より美味しく楽しめる。

 

明日から約2週間、およそ40店のお蕎麦屋さんで堪能できる。

4月20日(土)の霞城観桜会でも「賞味会」で食べられる。

2013.04.16_5002.JPG

2013.04.16_5009.JPG

2013.04.16_5014.JPG

2013.04.16_5018.JPG

2013.04.16_5029.JPG

甘みがあって 雑味がない。

「山めん寒ざらしそば」の醍醐味!

2013.04.16_5037.JPG

来週から「じゅっきーくんランチ」発売!

新しい蔵王温泉スキー場のスペシャルランチが登場!

 

"樹氷"の白色にこだわって、

「エビ入りホワイトカレーうどん」

「バニラソフトクリーム」

「カルピス」

に「じゅっきーくんグッズ(ステッカーと缶バッジ)が付いた、

その名も「じゅっきーくんランチ」。

 

1セット1,000円で来週からレストラン山頂で食べられる。

こども対象だけど、

おとなも十分大丈夫。

 

2012.12.09_1825.JPG

2012.12.09_2901.JPG

じゅっきーくんグッズ

2012.12.09_1828.JPG

もっと"蔵王の樹氷"を知ってもらいたい! ZAO じゅっきーくんフェス「こども樹氷教室」

応募者の中から18ファミリー、約70名の参加者を迎え、

 樹氷が見える「蔵王ロープウェイ・レストラン山頂」で

「こども樹氷教室」モニターツアーを開催。

 

 ロープウェイに乗って、

樹氷のお勉強をして、

じゅっきーくんと記念写真を撮って、

最後に「じゅっきーくんランチ」を試食。

 

外は吹雪だけど、

中は笑顔の咲き乱れ。

 

今度はピークのときに"樹氷"を見に来てね。

2012.12.09_2870.JPG

"樹氷"に触って歓声が。

2012.12.09_1730.JPG 2012.12.09_2844.JPG

2012.12.09_2854.JPG

2012.12.09_2851.JPG

「じゅっきーくんランチ」の試食。

2012.12.09_1723.JPG

2012.12.09_2880.JPG

2012.12.09_2891.JPG

樹氷もまだこども。

2012.12.09_2865.JPG

2012.12.09_2888.JPG

2012.12.09_2874.JPG

2012.12.09_2888.JPG

2012.12.09_1790.JPG

最後にみんなで記念撮影。

じゅっきーくん 埋もれる。

2012.12.09_1740-2.jpg

蔵王ロープウェイ樹氷高原駅には、

"じゅっきーくん"記念撮影ボードが。

  2012.12.09_2921.JPG

"じゅっきーくん"をまるかじり。「じゅっきーぱん」発売!

蔵王温泉のマスコットキャラクター"じゅっきーくん" の

キャラパンが今日から発売!

もっちりしたパン生地の中にホワイトソースがたっぷり。

トレードマークのエビのしっぽ(エビフライ)とチョコレートの雪結晶バッジもついて、

"じゅっきーくん"感 満載!

土・日曜日限定で1個300円。

一度お試しを。

1.16には"じゅっきーくん"も来店するらしい。

詳しくはこちらを。

2012.12.08_2806.JPG

2012.12.08_2821.JPG

ミス花笠-観光現地研修会Ⅷ 「やまがた-建物-時代絵巻」完成編

どんどん焼きで腹ごしらえ。

本日のオーダーは

「ノーマルどんどん焼き(ソース味)」、「チーズどんどん焼き」、

「カレーどんどん焼き」、「ピザどんどん焼き」。

12.07.22_9538.JPG先週行けなかった「山形まなび館」と「霞城セントラル」で{、

「やまがた-建物-時代絵巻」は完成。

山形駅観光案内所で完走記念の「舞子ポストカードセット」をGET!

 

これで「観光現地研修会」は終了。

2日間の研修会×観光PRお疲れさま。

あとは体調を整えて50回目の「山形花笠まつり」がんばってね。

12.07.22_9544.JPG

ミス花笠-観光現地研修会Ⅵ 蔵王温泉「温泉とジンギスカンで街歩き」

蔵王名物「ジンギスカン」

12.07.22_4769.JPG 12.07.22_4776.JPG「ろばた」足湯

12.07.22_4797.JPG共同浴場「下湯」足湯

12.07.22_4805.JPG共同浴場「上湯」水車

12.07.22_4820.JPG共同浴場「川原湯」裏

12.07.22_4843.JPG「大露天風呂」

12.07.22_4844.JPG「新左衛門の湯」足湯

12.07.22_4862.JPG