2010年7月の記事一覧

ミス花笠観光研修会(4/4) 「街なかいろいろ」

ミス花笠観光研修会の最後は、街なかの新しいスポット見学。

これで「花笠まつり」前のミス花笠の仕事は一応終了。

 

8月4日の「花笠サマーフェスティバル」から、いよいよ本番スタート。

そして、花笠パレードの最後尾は、ミス花笠と踊る飛び入りコーナー。

是非、一緒に花笠踊りを・・・。

 

山形まるごと館・紅の蔵

DSC_4977.JPG

七日町御殿堰

DSC_4965.JPG DSC_4957.JPG

山形まなび館  ここでは花笠まつり当日、ちょっとお手伝い。で、スタッフとちょっと打合せ。

DSC_4987.JPG

ミス花笠観光研修会(3/4) 「街なか宝探し」

7月23日から始まっている「街なか宝探し・最上家の秘宝 宝刀鬼切丸を探せ!」。

山形駅観光案内所でガイドマップをもらってスタート。

詳しいリポートは、大人の事情でNG。

夏休み是非挑戦してみては・・・。

DSC_4946.JPG

ヒントをもとにヒントボックスを見つけて!

DSC_4970.JPG

ヒントボックスを見つけて宝の在り処に。

DSC_4953のコピー.jpg

ミス花笠観光研修会(2/4) 「山形舞子御膳」

お昼は千歳館で「山形舞子御膳」体験。

小はなさんの踊りとお話し、初夏の料理で、山形芸妓文化と料亭文化を堪能。

DSC_4930.JPG

DSC_4936.JPG DSC_4912.JPG

ミス花笠観光研修会(1/4) 「山寺」

ミス花笠観光研修会の2週目。

観光ガイド「山寺きざはし会」さんの案内で立石寺奥の院まで。

暑い日のはじまり。

 

立石根本中堂の布袋尊。良くなりたいところを、・・・念入りに。

DSC_4795.JPG

立石寺副住職さんと。

DSC_4809.JPG

芭蕉塚で芭蕉と1枚。

DSC_4815.JPG   山門前。ここから一歩一歩心を清めながら・・・。

DSC_4817.JPG

DSC_4839.JPG

見上げるは、百丈岩。

DSC_4845.JPG

ほぼ中間地点、せみ塚。

DSC_4856.JPG

弥陀洞で仏さまのお顔を。

DSC_4875.JPG

DSC_4879.JPG

奥の院の後、最後に五大堂。ちょっとお疲れ?

DSC_4902.JPG

山寺ではやっぱり「力こんにゃく」と、

DSC_4906.JPG

暑い日はアイスクリーム。ここのさくらんぼアイスクリームは逸品。

DSC_4913.JPG

花笠イルミネーションアーチ 20:50

IMG_9683.JPG

IMG_9696.JPG

「花笠イルミネーションアーチ」点く。

DSC_4531.JPG DSC_4561.JPG

花笠イルミネーションアーチも10周年。

約10万球のLEDが、中心に蔵王連峰、

右に正調花笠踊り、左にさくらんぼとラ・フランスを浮き出す。

今日から8月14日まで毎日点灯。

(時間は18:00~23:00。花笠まつり期間中は16:00~25:00。)

IMG_9653.JPG

夕暮れの提灯もいいよ。

「花笠イルミネーションアーチ」着く。

IMG_9626.JPG無事、「花笠イルミネーションアーチ」が着いたようで。

点灯は20日の18:00。

山形県 梅雨明け!

IMG_9630.JPG

豪雨の中の「花笠イルミネーションアーチ」スタンバイ。

IMG_9606.JPG

キャンドルスケープinやまがた 文翔館にECOの火が灯る。

IMG_9413.JPG

IMG_9388.JPG

IMG_9402.JPG

紅の蔵農園の夏野菜のお味は。

DSC_4075.JPG DSC_4077.JPG

紅の蔵に美味しそうなきゅうりとトマトが。

誰の口に入るのかな?

歌懸稲荷神社例大祭 神輿渡御。

DSC_4089.JPG

DSC_4108.JPG

DSC_4188.JPG

DSC_4215.JPG

DSC_4252.JPG

DSC_4342.JPG

DSC_4385.JPG

DSC_4423.JPG

DSC_4431.JPG

DSC_4483.JPG

DSC_4503.JPG

山形紅花まつり 高瀬は紅花花盛り。

DSC_3847.JPG

DSC_3817.JPG

来場者に高瀬小の児童が手作りしたガイドマップが手渡し。

DSC_3803.JPG

DSC_3796.jpg

紅花娘の頭には、紅花の髪飾り。

DSC_3953.JPG

DSC_3901.JPG

高瀬小児童の紅花音頭披露。紅花娘もいっしょに。

DSC_3981.JPG

DSC_4019.JPG

高瀬小児童の紅花研究発表。今日は高瀬小大活躍!

DSC_4042.JPG

高瀬紅花 満開!

DSC_3765.JPG IMG_9370.JPG

山形花笠まつり コース提灯付く!

IMG_9363.JPG

IMG_9368.JPG

山形県花笠協議会事務局は、花笠パレードコース沿い西向きにある。

たまに西日が差し込む。

事務局のある5階から、提灯の取り付け作業が見えた。

山形花笠まつりまで約1ヶ月。

提灯は雰囲気がでるね。

防災ヘリ「もがみ」飛来!

霞城セントラルの防災訓練で飛来した「もがみ」。

日頃、遭難などでもお世話になっているので、

本日はその勇姿を特別PHOTOリポート!

IMG_9357.JPG IMG_9322.JPG

IMG_9312.JPGのサムネール画像

IMG_9359.JPG

IMG_9356.JPG

IMG_9335.JPG

IMG_9344.JPG

霞城セントラル・防災訓練で、備えあれば・・・。

IMG_9289.JPG

IMG_9352.JPG

昨年に引き続き2回目の防災訓練。

今回は震度6の地震を想定。

避難訓練をはじめ、放水訓練、防災ヘリ「もがみ」による救助訓練など大規模なもの。

お客様の安全を守るため、皆さんしっかり訓練。

「たいき君」を探せ!

IMG_9271.JPG

この物体。

平成4年に開催された「国民体育大会」山形大会のマスコットの「たいき君」。

蔵王の樹氷をモチーフにした、

今もなお人気があるレトロキャラクター。

 

ある企画で当時使われていた着ぐるみを探していたところ、

山形市総合スポーツセンターで3メートルもあろうりっぱな「たいき君」を発見。

(今更かもしれないが)

平成4年当時、山形にいなかった私にとってはちょっと新鮮。

是非、何かに再登場させたい。

 

なお、着ぐるみは現在も調査中。

「雨男」と「雨女」。

今日の山形新聞夕刊に面白い記事があった。

「雨男」と「雨女」。

気象情報会社「ウェザーニューズ」が、都道府県別「自称雨男・雨女」を調べたところ、

日本人の3人に1人(32.9%)は、自分が「男・雨女」であると思っているとのこと。

そして、その中で山形県は21.4%で全国1位。

自称「雨男・雨女」の最も少ない県となった(嬉しいのか?また意外な全国1位が・・・)。

 

この仕事をしていると、天気の話が良くでる。

中でも「雨男・雨女」の話しはかなり盛り上がる。

確かに私の周りも自称「雨男・雨女」は少ない。

(というか、「晴れ男・晴れ女」が多い。)

もちろん、言われればあまり気持ちの良いものではないし、

イベントをやっていれば肩身も狭い。

できれば当事者にはなりたくない。

願望も込めて、そう思い込んでいるののかもしれない。

 

なぜ山形県が少ないのかは置いといて、本当に「雨男・雨女」はいるのか。

 

昔、1年間仕事を一緒にした降雨率80%の女性がいた。

冬の蔵王では、ほぼ吹雪。

仙台に行った時も12月の猛吹雪(これには驚いた)。

また、降雨率60%を超える男性も何人かいた。

 

「雨男・雨女」はいる、と私は思う。

ただ、それは一生「雨男・雨女」なのではなく、長期的、短期的はあるが、厄年のように、現在NHKで放送されている「ゲゲゲの女房」に出ている"貧乏神"のように(例えが下手で)、ある一定の期間、その周期に入り込み、雨とお友達になってしまうことがあるのだと思う(当然科学的根拠は何もない)。

現に一生「雨男・雨女」は見たことがない。

 

言いたいのは、いつ、その周期に迷う込むか分からないので、「私は雨男・雨女でない!」とか「私は晴れ男・晴れ女」と言葉に出さないほうがよいということ(言霊の力もあるし)。

どちらも人に迷惑をかけないどうでもいいことだが、結構落ち込むので気をつけて。

 

こう思うのも、昨日のイベントでのスコールに降られ、昨夜は犬の散歩に出た途端スコール的豪雨に襲われ、日頃から言っている私の「晴れ男」の自身が、もろくも崩れかけているから。

新聞記事から思う、単なる自分への戒め。

「山形花笠まつり参加団体代表者会議」 2010山形花笠まつりスタンバイ!

IMG_9244.JPG

山形花笠まつりまで約1ヶ月。

カウントダウンが始まった。

今年の参加団体は、136団体(昨年度124団体)、

参加人数約12,000人(昨年度約11,000人)。

過去最高の参加団体でのぞむ、華やかなパフォーマンス。

8月5・6・7日、ご期待を。

暑い日差しあり、スコールありの「夏の"舞子のいる街"城下町山形探険隊」。

「城下町山形を知る。4seasons」の夏版。

20ヶ所のチェックポイントを巡る街なかウォークラリー。

 

キツイ日差しのあいにくの空模様のなか、

  山形駅西口広場から109名の参加者がスタート。

ゴールでは断続的なスコールも。

お天気の気まぐれに右往左往。

 

しかし、参加した皆さんには各チェックポイントでのおもてなしを、

楽しんでいただけたよ。

  炎天下もあり、ゴールした人がちょっと少なかったのが残念。

  10.3には「秋の"舞子のいる街"城下町山形探険隊」があるので、

是非、ご参加を。

IMG_9114.JPG

IMG_9105.JPG

七日町御殿堰でお出迎えのやまがた舞子の小桃さん。

IMG_9126.JPG

香味庵まるはちでお出迎えの小はなさん

IMG_9139.JPG

紅の蔵でおもてなしする柳華さん

IMG_9098.JPG

昨年に引き続き、旧木村邸をご案内してくれた、

ヤマガタ蔵プロジェクトの皆さん+城下町やまがた探険隊。

IMG_9119.JPG

今回は「JR駅からハイキング」と共同開催。山形駅の2人も参加者をお出迎え。

IMG_9096.JPG

香味庵まるはちで振舞われたきゅうりの一本漬け。氷水で演出もバッチリ。

「紅の蔵」の紅花は花盛り。

IMG_9075.JPG

一足早く、プランター「紅花」が満開。

鮮やかな紅色が、お客様を華やかにお出迎え。

IMG_9080.JPG

「紅の蔵」記念スタンプも新登場。

「俺の酒を造る会」稲作編リポート2。

IMG_9036.JPG

IMG_9038.JPG

田植えから約40日。

品種が書かれた板木の背を越し、どっしりとした風格はたくましさを感じる。

順調な生育。